不動産マンション売却査定.comのトップへ  >> 不動産売却Q&A  >> 住宅の買い替え。どれだけの期間をみておけばいい?
朝日住宅株式会社 敏腕所長が語る!

不動産売却Q&A

住宅の買い替え。どれだけの期間をみておけばいい?
余裕をもってすすめるほうが、結局、損がない

「すぐに不動産を現金化したい!」と言うワケでなく、「できれば高く売りたい」や「満足のいく売却をしたい」といった希望でしたら早めに動いておいて損はないでしょう。

もちろん、売却と購入を同時に進めていきますが、3か月から6か月は、みておいてください。
1か月~1か月半あれば、できないこともないでしょうが、それは、たまたまの幸運に恵まれたというべきで、狙ってできるものではありません。

不動産会社が段取りよく運ぼうとしても、売却にも、購入にも、それぞれに違う相手がいることですから、なかなか思うようにはすすまないものです。
特別に、売却を急がなければならないときは、売出価格を低めに設定すせざるを得なかったり、値引きを飲まなければならなかったりで、金銭的な損失を招く場合もあります。

最後に、単なる買い替えにしない、“ライフプランを見据えた上でのかしこい買い替え“をお考えなら、余裕をもったスケジュールで早めのご相談に越したことはありません。

ちなみに良い不動産会社、と信頼できるアドバイザーは、買い替えを急がせる事はしませんので納得のいく人材とめぐり合う意味でも、早めのご相談をおススメします。

情報提供:朝日住宅株式会社
早速、無料査定依頼をスタート
お電話でも査定依頼受付中!
PICK UP TOPICS
不動産売却Q&A 敏腕所長が語る成功の秘訣!
サイト利用者の売却実例


お電話でも査定依頼受付中!フリーコール0120-935-565