不動産マンション売却査定.comのトップへ  >> 不動産売却Q&A  >> 不動産会社に売却を依頼する場合、どんな契約をする?
朝日住宅株式会社 敏腕所長が語る!

不動産売却Q&A

不動産会社に売却を依頼する場合、どんな契約をする?
不動産会社の頑張りを期待するなら専任媒介

お客様が、ご売却を不動産会社に依頼する時には、不動産会社と「媒介契約」を結んで頂きます。
依頼の仕方には、「媒介」と「代理」がありますが、「代理」はきわめてレアなケースで、ほとんど「媒介」の方法をとっています。
この媒介を依頼する時、不動産会社と結ぶのが、媒介契約です。

媒介より、仲介というほうが一般的かもしれませんが、法律上は、「媒介」の用語を用いています。

媒介契約には

【1】専属専任媒介契約
【2】専任媒介契約
【3】一般媒介契約

の3型式があります。

それぞれの特徴は【1】と【2】が他の不動産会社に重ねて依頼できないのに対し、【3】は複数の不動産会社に重ねて依頼できます。
【1】と【2】の違いは、【1】はご自分でみつけた購入希望者との取引が認められないのに対し、【2】は認められます。

ここまで説明すると、いくつもの不動産会社に同時に頼むことができる【3】が有利、と考えられるお客様が多いのですが、はたして、そうでしょうか。
自社だけに依頼しているお客様と、他社にも依頼しているお客様とでは、チカラの入れようも、自然と変わってくるものです。

やはり、担当アドバイザーの頑張りを期待するなら専任媒介か専属専任媒介だと思います。

情報提供:朝日住宅株式会社
早速、無料査定依頼をスタート
お電話でも査定依頼受付中!
PICK UP TOPICS
不動産売却Q&A 敏腕所長が語る成功の秘訣!
サイト利用者の売却実例


お電話でも査定依頼受付中!フリーコール0120-935-565