不動産マンション売却査定.comのトップへ  >> 不動産売却Q&A  >> 査定はどうやって行う?
朝日住宅株式会社 敏腕所長が語る!

不動産売却Q&A

査定はどうやって行う?
類似した物件の最近の取引事例と比較

査定は、取引事例との比較をとおして、短期間で売却が見込める価格を割り出すことです。

実際に売却を進めていく為の査定は、まず物件の調査から入ります。
現地に赴いて、建物や敷地の状況を確認します。法務局や役所の調査で権利上・法令上の問題点の有無を調べます。こうして物件をよく把握することが査定の第一段階です。

次に、取引事例の収集です。できるだけ類似した物件の最近の取引事例を探します。もちろん、売り急ぎなどの特殊事情があったものは除外します。適切な査定のためには、適切な取引事例の収集が必要です。

不動産会社によって査定価格に差異が生じる原因のひとつに、この取引事例の収集・選定の能力があります。仮に、同じ取引事例と比較した場合でも、同じ査定結果になるとは限りません。 例えば、それぞれの土地の条件格差をどう評価するか、あるいは、流通面の問題点をどう判断するか、などで金額の差が出てきます。

とりあえず、売却価格の目安をつかみたいというお客様には、スピード査定(簡易査定)を行います。

この場合は、現地調査など足を使う調査は省きます。お客様からお伺いした物件情報(物件種別・所在地・規模面積・築年数・ご売却予定時期など)と周辺の売出事例や取引事例とを比較して、ザックリとした査定価格を出します。

情報提供:朝日住宅株式会社
早速、無料査定依頼をスタート
お電話でも査定依頼受付中!
PICK UP TOPICS
不動産売却Q&A 敏腕所長が語る成功の秘訣!
サイト利用者の売却実例


お電話でも査定依頼受付中!フリーコール0120-935-565