実は不動産は路線価を含め4つの価格が存在します。
この事を「一物四価」と言います。

一物四価

公示価格 国土交通省が公表する土地価格(売買のベンチマークとして位置付け)
路線価 国税庁が公表する土地価格(相続税や贈与税の課税計算の目安)
固定資産税評価額 市区町村が公表する土地価格(固定資産税・不動産取得税等の課税根拠)
実勢価格 実際の売買で決定される価格(=時価)
この4つの価格の中でも特に重要視しておきたいのが『路線価』です。
理由は多くの土地評価の中でも注目度が高く、本来の目的以外に、不動産売却においても頻繁に使用されているからです。
早速、無料査定依頼をスタート
お電話でも査定依頼受付中!
PICK UP TOPICS
不動産売却Q&A 敏腕所長が語る成功の秘訣!
サイト利用者の売却実例