マンション住み替えでよくある失敗。後悔しないための注意点とは。


                マンション住み替えでよくある失敗。後悔しないための注意点とは。

マンションの住み替えには、どのような失敗があるのでしょうか。 考えなく住み替えを始めてしまうと、思わぬところでつまずき、当初の計画とは大きく異なってしまうことがあります。 失敗例を理解することで、自身のマンション住み替えをスムーズに行えるように心がけましょう。

マンション住み替えでよくある失敗

まずは、マンション住み替えでよくある失敗を紹介します。

マンション売却と購入のタイミングが合わない

マンションの住み替えは、当然ながら現在住んでいるマンションの売却と住み替え先のマンションの購入を行わなければなりません。そのため、売却と購入のタイミングが重要です。 住み替えには、「買い先行」と「売り先行」の2つの方法があります。

買い先行の失敗例

「買い先行」とは、先に住み替え先のマンションを購入した後に、現在のマンションの売却をすることです。 買い先行で住み替え先のマンションを購入し、現在のマンションを売却する期間が長引いた場合、当初想定していた資金計画から大きく変わってしまう可能性があります。購入したマンションの入居日までには売りたい、という焦りから安い金額で売却合意してしまう、といった可能性もあります。

売り先行の失敗例

「売り先行」とは、先に現在のマンションを売却した後に、住み替え先のマンションを購入することです。 売り先行で現在のマンションを売却した後に、なかなか住み替え先のマンションが決まらなかった場合、賃貸マンションなどの仮住まいを長期間確保する必要があります。そのため、購入までの期間が長引くほど仮住まいの費用がかかり、資金計画がずれます。 しかし、購入までの期間を短くしようと考えても、現在のマンションを売却した後には、住みたいと思っていたマンションはすでに買われてしまっているかもしれません。そのため、売り先行の場合でも、売却と購入のタイミングが非常に重要です。

ローンの返済計画に失敗する

現在住んでいるマンションにローンの残債がある場合、住み替えローンの利用も検討するケースがあります。 住み替えローンとは、現在住んでいるマンションのローン残債と住み替え先のマンションの購入資金をまとめてローンを組み直すことができるサービスです。住み替えローンを利用することで、自己資金を使わずにマンションの住み替えが可能ですが、返済計画をしっかりと立てる必要があります。 返済計画をしっかりとたてず、住み替えローンを利用して資金のやりくりに苦しむのは陥りやすい失敗です。

想定よりも売却金額が安くなる

マンションの売却時に陥りやすい失敗として、売却金額が想定よりも安かった、というものがあります。 特に買い先行で、住み替え先のマンションを購入した後に、現在のマンションを売却する期間が長引いた場合、焦って売却に踏み切ると、買主から買い叩かれる可能性があります。 そのためにも不動産会社選びに気を使いましょう。査定を複数の不動産会社に依頼せず、1社だけに依頼した場合、査定価格を比較することができないため、適切かどうか判断ができません。不動産会社選びに失敗した結果、本来であれば得られたであろう売却金額より安くなる可能性があります。

新型コロナウイルスの影響下でもマンションを高く売る方法は、こちらからご覧ください。

マンション売却のポイントを解説!コロナ禍でも高く売却する方法を紹介

複数の不動産会社に相談してみましょう。

一括査定をはじめる

実際にマンションの住み替えをした人たちの声を見てみよう

これまで紹介してきたように、マンションの住み替えは注意して進めなければ思わぬ失敗をしてしまう可能性があります。 しかし、それでも住み替えをするメリットとは何なのでしょうか。 実際に、住み替えをした人は本当に満足のいく結果となっているのかを確認してみましょう。 国土交通省の「住生活総合調査」では、住み替えの目的別の満足度を発表しています。

住み替えの目的別満足度
住み替えの目的 満足・まあ満足(%) 多少不満・非常に不満(%)
広さや部屋数 85.3 14.4
維持管理のしやすさ 81.3 18.0
福祉・介護の生活支援サービス 72.9 20.9

 

生活必需品を切りつめるほど苦しい/ぜいたくはできないが何とかやっていける(%) ぜいたくを多少がまんしている/家計にあまり影響がない(%)
住居費負担 57.3 38.2

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

広さや部屋数

子供が自立して、夫婦2人で暮らしていくのには現在住んでいるマンションだと広すぎる。二世帯で同居を始めたいが、現在のマンションだと部屋数が足りない。こういった理由で住み替えを検討する人もいるでしょう。 住み替え理由が明確なため、満足度が高い結果になっています。

維持管理のしやすさ

住居を持つと、毎日の生活を保つためにも維持管理をすることが必要です。 維持管理費用としては、管理会社に対して支払う管理費や駐車場代、固定資産税などがあります。管理会社はマンションの共有部分を清掃、ごみ処理や補修を行ってくれます。 しかし、管理会社に建物の管理を頼むだけでなく、自身の部屋の管理は行わなければいけません。現在住んでいるマンションに住み続ける場合、老後に部屋の清掃や管理が難しくなる場合があります。例えば、もともと広い部屋に住んでいた場合、清掃箇所が多いと、足腰に負担となります。自分のライフスタイルに合ったマンションに住み替えることで、維持管理がしやすくなります

福祉・介護の生活支援サービス

老後の生活のためにマンションを住み替える人もいます。そういった場合、福祉・介護の生活支援サービスが充実しているマンションに住み替えます。サービス付き高齢者向け住宅では、バリアフリーなど高齢者は住みやすい設計や、安否確認・生活相談サービスなどが充実しています。そのため、高齢者の方でも安心して老後を過ごすことができます。

住居費負担

住居費負担はマンション住み替えをする上で、重要なポイントです。 住居費負担とは、家賃や住宅ローン、固定資産税、管理費など住居に関する費用を負担することです。 満足度が他の項目に比べて低くなっている理由として、マンション住み替えのタイミングでしっかりとした資金計画が立てられていないことが考えられます。 マンションの住み替えをするなら、住み替え後のマンションで暮らす毎日の生活を具体的に想定しなければなりません。子どもがいる家庭では教育費や養育費が予想よりも多くかかります。専門家に相談しながら、しっかりとした計画をたてることが大切です。

マンション住み替えで失敗しないための注意点

自分の求めている条件に合った、満足できるマンション住み替えを成功するためにはどうしたら良いのでしょうか。 マンション住み替えに失敗しないたために気をつけるべき注意点について紹介します。

ライフプランをしっかりと立てる

ライフプランをしっかりと立てることが重要です。自分が将来、教育費や養育費、老後の生活費など、支払うことになる費用を把握してからマンション住み替えを計画しましょう。 ライフプランを立てるためには、「ライフプラン表」という、将来的に必要になるお金を時間軸に沿って整理した表を作成します。自分自身で作成することが難しい場合は、専門家であるファイナンシャル・プランナーに相談して、自分の状況に合った家計の見直しなどを行います。 また、不動産会社には、ファイナンシャル・プランナーの資格を保有する担当者もたくさんいます。

価値の高いマンションを購入する

マンションは大切な資産です。住み替えをするのなら、まずは現在住んでいるマンションの資産価値を把握しましょう。築年数の古い物件は築年数の浅い物件に比べて資産価値が落ちます。また、住んでいるマンションの目の前に高層ビルが建ち、日当たりが悪くなった、といった場合も価格が下がります。 反対に、例えば1~3月の引っ越しシーズンだと不動産の需要が高くなるため、価格が上がります。その他にも、周辺にショッピングセンターや学校などの施設ができるとその物件の価値も上がります。 売却のタイミングを逃してしまうと、売却金額が安くなってしまうこともあります。まずは、現在のマンションの査定を依頼しましょう。 また、住み替え先のマンションを購入する際、資産価値の落ちないマンションを購入することができれば、将来思わぬ事態に見舞われたとしても、売却できるといったメリットもあります。 資産価値の判断基準としては、築年数や立地などさまざまな項目があります。専門家に相談するのが良いでしょう。

自分に合った不動産会社を見つける

マンション住み替えを成功するためには、売却や購入においてどの不動産会社を選ぶかがポイントです。 冒頭でも紹介したようにマンション住み替えでよくある失敗として、売却のタイミングや売却金額があります。そういった、マンション住み替えの成否を分けるのは、不動産会社選びであるといっても過言ではありません。 本当に自身がマンションの住み替えを成功させ、満足のいく充実した生活が得られるかどうかは、自分に合ったパートナーを見つけることができるかに懸かっています。 不動産会社選びに失敗しないためには1社だけに相談するのではなく、必ず複数の不動産会社に相談しましょう。比較をすることで、自分の条件に合った取引ができる不動産会社が見つかります。 最近では、一括査定サイトのように、簡単に複数の不動産会社に依頼することができるサービスがあります。まずは、相談から始めましょう。

まずは不動産会社に相談してみましょう。

一括査定をはじめる